カーブス 効果027

カーブス 効果
HOME

0028

がむしゃらに痩せようとするのではなく、痩せた後どんな姿になりたいかちゃんとイメージすることがダイエットを長く続けるためのコツだと思います。
目的がはっきりすでば努力を続けやすくなるので、いつまでに何キロ落とす、痩せたらどういう服を着て、誰とどこで会うなどとにかく細部まで考え込みましょう。



すると、甘いものを我慢することがそれほど苦痛にはなりません。夜8時を過ぎてからの飲み食いはやめるようにしています。それが困難な時は、就寝に時間前には飲み食いしないようにしています。夕食は満腹になるまで食べないようにはしています。
嗜好品はできるだけ午前中に食べるようにしています。品物を選ぶときも、少ない量のものか、小さい袋に、分けて入っているものを選びます。
午後のおやつでは、一口で食べられる大きさのものを選んでいます。運動は嫌いなため避けていますが、歩ける距離なら極力歩くように心がけています。

ダイエットをしたいと思うことが無い女性はまずいないと思います。かくいう私も思春期からずっと体重を気にしてきました。

テレビやネットの記事などでは、毎日何等かのダイエット情報が入ってきますが、情報過多でどれを読めばいいのか分かりません。

どの方法を取り入れるにせよ健康を害するようなやり方だと、生理が止まったり骨がもろくなったりするので、無理をせず取り組むことが最も重要です。
私は今ダイエットを、しています。

以前ダイエットを、やってみた時は体重が減りましたが健康も損なったので今は運動と食事には気をかけています。



今している運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳び、筋トレを毎日行っています。食事の量は並の人の半分くらいにしています。

他には身体が細っても精神状態が悪化するといいことにならないのでヨガをして気持ちを落ち着けています。

ダイエットで一番効果的だったのは、ウォーキング、すなわち歩くことでした。

こつこつ歩いて代謝を促進し、よく汗をかくことで体重を落とすのに一番効率的なダイエット方法でした。

体重がピーク時からマイナス5キロになりました。食事制限によってストレスが溜まってしまうので、わたしには向いていませんでした。
意識的・継続的に歩くダイエットがおすすめです。


ぜひ試してみてください。多くの女性が人生に1回くらいダイエットをやってみるでしょう。

私もこの頃また意識し始め、軽めの朝ごはんと大きなサラダでお昼ご飯を摂るようにしています。

毎日同じものではなく、少しお肉とまた入れる野菜も変えて、飽きないように心がけています。するとその日のカロリー量を把握することができ、夕飯では自分が食べたいと思うものを食べられます。
完全なダイエットよりもやりやすいと思います。晩御飯の時間を気にして、週末だけカロリー高い食べ物を食べるようにして苦しいダイエットじゃないでしょう。ダイエットするには、日常生活でお金をかけずに手間をかけるのはどうでしょう。


例えば、床掃除の時、ダスタークロスのようなもの使わずに雑巾で拭く。


それによりカロリーの消費量が増え、ダイエットに効果がありまたお金も節約できていいことづくめです。
当然、無理せずに続けられるレベルでいいのですが、出費を抑えられ、カロリーの消費が増えることを発見していくと、意外と楽しんでダイエットができるのではないでしょうか。
一言で痩せると言っても、幅広い方法があります。

体を温めて代謝をあげる方法はその中でも、美容にもよくオススメします。



なるべく体が冷えるものは避けて摂取するものは体を温めるものを、お風呂はシャワーだけでなく湯船に入るなど、日常生活の中で工夫したりできると思います。朝に飲むコップ1杯の白湯は特に体にいいと言います。



まずはそこからスタートしてみてはいかがでしょうか。


ラクダ

メニュー


Copyright (C) 2014 カーブス 効果027 All Rights Reserved.